事故による後遺障害と等級

交通事故によって怪我をしてしまった場合、治った怪我でも後遺症が出ることがあります。(関連情報 - 事故後遺障害

古傷が痛むと言う症状でしょうか。

私もこのような症状で長い期間整骨院などで治療を受けた経験があります。しかし日常生活には支障なく、その内に症状も出なくなりました。

これとは大きく違うのが後遺障害です。後遺障害とは事故によって負った怪我がこれ以上回復が期待できない状態で固定してしまい、事故以前の機能に戻らないことをいいます。

不幸にもそのようになってしまった場合にはどの程度の障害が残ってしまったのか等級認定して賠償を受けることになります。

その等級の認定には医師の診断書が必要になります。自分自身でその手続きをすることが困難な場合などには行政書士や弁護士などに依頼することもできます。申請してから等級の認定が出てからも、その判断に対して不服がある場合なども自分で協議するのは難しいことも多いと思いますので、専門家にお願いした方が良いと思います。

今後の人生に大きくかかわることですから慎重に進めましょう。

関連記事:後遺障害の等級認定に関する相談は、弁護士、行政書士へ